国立ひたち海浜公園でコキアを見る
イバイチの
旅のつれづれ


 平成19年(2017)10月13日(金)、霧雨の中を国立ひたち海浜公園にコキアを見に行った。雨が降っ)たり止んだりであまり良い天気ではなかったが、このあと一週間位は晴れないということなので、時間が取れたこの日にした。

ひたち海浜公園見晴らしの丘には去年の4月にネモフィラを見に行って以来である。
ここは春のネモフィラ、秋のコキアが売り物なので、秋のコキアも見てみたいと思っていた。(写真は春のネモフィラ2景)



 天気は良くないので、あまり見に来る人は少ないと思った通り、駐車場は空いていたが、バスの数が多く、団体や海外の人を結構多く見かけた。見晴らしの丘手前の噴水のある池の近くには萩の群落があってまだたくさん花をつけていた。(写真は西口入口の水のステージ、みはらしの丘方面からの噴水、萩の群落、みはらしの丘入り口付近)

 見晴らしの丘入口付近にも萩があり、その先に白い花をつけ始めたソバや満開のコスモスの花畑があり、コキアはその先に赤く色づいている。(写真はそば畑とコキア、コスモスとコキア3景)

 更に丘の上方に行くと光線の関係で赤からピンクに色づいたコキアが一面に見渡せる。はるか先には観覧車がみえる。(写真はコキア5景)


 丘の上の方に行くにしたがって常陸那珂港と太平洋が見えてくる。振り返るとコスモス畑や園内を走るシーサイドトレインなどがコキア畑の下の方に見える。(写真はコキア4景)

 みはらしの丘にある解説板にはコキアが32,000株、コスモスは約200万本植えられていると記されている。春のネモフィラの時は450万本植えられていたそうで、植替えの作業をする人たちは大変だろうと思うと共に、多くの人の努力があってこの景観が見られることに感謝したい。


(この項終わり)


 注) 画面をクリックすると大きくなります。


                              
       


イバイチの
 奥の細道
  漫遊紀行


イバイチ
 旅の小窓


イバイチ
 
関東・茨城散歩

1.'07箱根・
        伊豆紀行


2.水戸偕楽園
   雪中の梅花


3.水戸の梅まつり

4.土浦花火大会

5.熊谷の歓喜院
      聖天堂

6.水戸市備前堀界隈

7.水戸市七ツ洞公園


8.水戸市3公園の秋


9.水戸市
 六地蔵寺桜の変遷

10.水戸のあじさい
  まつり(保和苑)


11.雪の水戸偕楽園

12.ひたちなか
    海浜鉄道


13.益子の
   ひなまつり

14.日本
ロマンチック街道

15.日光点描

16.歴史館・偕楽園
    の秋景色


17.迎賓館赤坂離宮
   目黒雅叙園


18.H29年の桜➀②

19.H29年
 偕楽園のつつじ


20.H29年
   バラ園巡り


21.H29年
     コキア