平成30年 花畑・菜園便り (2)     2018年 4月18日 (火)        
   
平成30年の「花畑・菜園便り」2回目です。

前回は4月初めまでの報告でしたので、今回はその後5月中旬までの花と野菜の便りです。

【 花畑 】

 4月後半になるとスズランが咲いてくる。





 ビオラもまだ花盛りだ。




 夏を彩る花菱草もそろそろ花をつけ始めた。



 5月になると、昨秋、花壇に植えたストッカーや金魚草は、冬の寒さに耐えて生き残った何株かが、花を咲かせた。



 ラティスフェンスに這わせた白いつるバラや早咲きのクレマチスも満開になった。



 アヤメ、シラン、金蓮花(ウィキペディア)、ダリアも咲いている。



 カワラナデシコ、石竹も咲きだした。










 4月末から10月末まで我が家の花壇と花畑は、いろいろな種類と赤や黄色などの彩り豊かな花が咲き、道行く人たちを楽しませることと思う。



                                        top↑
 【 菜園 】

 4月23日のレタス、小松菜、ジャガイモの様子である。





 5月5日に収穫した小松菜、ネギ、ブロッコリー、イチゴ、ソラマメである。ソラマメは今年初めての収穫で、この後毎日ビールのつまみとして収穫している。
 ブロッコリーも春になって植えた苗からの初めての収穫である。

         5月10日の玉ねぎ、ジャガイモ、ソラマメ、イチゴの現状である。
 ソラマメ、イチゴは収穫期だが、玉ねぎ、ジャガイモはもう少し後になる。

 5月15日、最初の写真は2個目のブロッコリーで、次の写真は1個目のブロッコリーの脇芽が大きくなった状態のものである。

 両者とも今が収穫時期である。また春先苗を買って育てたレタス、春になって種を蒔いた大根も収穫時期を迎えている。

(以下次号)

                                               top↑
 

            Home