2冊目の本をつくる        
                                   2019年 9月17日 (日)
1.はじめに

 昨年(平成28年)7月に「往時渺茫」という本を造った。この本は小生の父親の兄弟のこと、及び祖父のことを書いた本で、明治元年生まれの祖父のことなどは昨年83才になった小生が書かなければ孫子の世代は墓石にある名前しかわからず、単なるご先祖様という認識しか持てないが、本にして残せば少しは身近に感じるのではないかと思ったからである。

 小生の父親の兄弟は7人が成人し、それぞれ一家を構えているので、その家長あてに1部から2部程度配布しようと思い、少ない部数なので原稿作成から製本まで自分で行うことにして、約一年かけて完成配布して関係者にはだいぶ喜ばれた。

 その経緯は小生のホームページ「イバイチの旅のつれづれ」の中にある「イバイチのコラム 折に触れて」の「その他」の項目に「本をつくる(1),(2)」に記してある。

 その最初の本を造っているとき、2〜3人の友人から一冊欲しいという要望があったが身内のことを書いた本だからと断り、今度関係者以外の人にも読んでもらえる本が出来たらあげるよと断っていた。

 その後、雑事にまぎれて半年が過ぎ去ったが、せっかく装丁までの完成した本造りのやり方を忘れてしまいそうな気がしたし、友人との約束もあるので、今年(平成29年)になって小生のホームページの中から良さそうな内容のものを選んで2冊目の本を造ることにした。


2.テーマの選定

 小生のホームページは何かテーマを決めて旅行に行き、その内容をまとめた旅の紀行がが多く、その最大のものが芭蕉の奥の細道をたどった「奥の細道漫遊紀行」なのだが、これはちょっと大きすぎるので、次の長編である「幕末の水戸」という桜田門外の変から天狗党と諸生党の争いのあった幕末の水戸藩の事跡をたどったものから、桜田門外の変を除いた部分を「幕末の水戸藩」という表題とし、副題を「元治甲子の変、天狗党の乱を中心にして」とつけて本にすることにした。

 小生は茨城県の出身で水戸市に在住しており、那珂湊戦争や部田野原の戦いのあった場所は身近に感じられるのだが、幕末にその様なことがあったことは意外に知られていないようなので、それを知ってもらいたいと思ったことも選んだ理由の一つである。

 天狗党については吉村昭の書いた「天狗騒乱」をはじめ、何冊かの本が出版されており、茨城県大子町から福井県敦賀市まで千人余の集団が尊王攘夷の旗印を掲げて雪中を行軍した事跡が天下の耳目を集め、またその最後に士分の者300人以上が犯罪者として打ち首にされるという悲劇で終わったことが強烈な印象を与えたため良く知られている。

 しかしそれ以前の水戸藩の混乱を鎮めるために藩主代行として水戸に派遣された松平頼徳(よりのり)が、対抗した諸生党に妨害されて水戸城に入れず那珂湊に陣を構えたが天狗党に加担したとして幕府により切腹させられたこと。及び諸生党のその後については賊軍ということでほとんど知られていない。

 しかしこの天狗党と諸生党の勢力がほぼ拮抗していたことが水戸藩の悲劇の一因にもなっていたことは間違い無いことであり、できるだけ現地に足を運んで資料を集め、その最後までの事跡を調べて本にしたものである。


3.2冊目の本造り

 テーマが決まったので、早速、前回お世話になった日立市にある「コミュニティNETひたち」の「Cnet製本工房」にメールで用紙などの必要な材料の発注を依頼した。(写真は出来上がった「幕末の水戸藩」の表紙)

 一回目の本造りの時も述べたが、原稿の印刷までは決められた手順で進めれば良いが、糸綴じから表紙の作成までの工程は人の手作業で行うため、熟練度が出来栄えに大きく影響する。

 また、口頭や実際の動作で、作業をするときに指導される部分が多いため、継続して作業をしなければ忘れたり、洩れたりして失敗することがあり、何か所かやり直し作業をするはめになった。

 前回作成した本は一部180ページで16部作製したが、今回は120ページほどで用紙の関係で12部作製し終了予定である。なお費用はどのくらいかかるのかと聞かれることが多いので計算したところ、当初の銀杏ゴテ、糸鋸、溝ゲージなどの用具購入費用が約1万2千円だった。(写真は主要用具の一覧表)

 また前回は、用紙などの材料費は約2万7千円、Cnetの指導料(1,250円/回×8回、裁断機使用料含む)1万円で、当初の用具購入費用を別にすると4万円弱の費用だった。

 なおCnetに入会する必要があり、年会費6千円の別途費用が必要だが、入会すれば写真、俳句などの趣味の会やパソコン教室などにも参加できる。

 今回は一部当りの枚数が少なく、失敗してダメにする用紙や指導回数も減ったので、指導料を含めて2万円弱で出来そうである。なお勿論これ以外にパソコンとプリンターは必要である。(写真は「幕末の水戸藩」の本)

(この項終り)

                                                                                        top↑
            Home